一般社団法人足利青年会議所

各委員長所信

絆への架け橋委員会 委員長 笹形彩乃

委員長基本方針

私が一般社団法人足利青年会議所(以下、足利JCと省略いたします。)に入会したきっかけは、当時の拡大委員長から入会を勧められたことでした。右も左もわからないままでしたが、熱心なお誘いを受け入会を決意しました。入会した当初は女性が一人だったということもあり、楽しさや意義などが見出せず、一年目で退会を考えたこともありました。しかしJC活動を通じ、共に悩み、笑い、切磋琢磨する中で、多くのメンバーやOBの先輩方との出逢いを経て、足利JCの魅力を感じることが出来ました。そして、今となっては入会を勧めて頂いたことに大変感謝しております。
 
拡大活動は、近年入会人数が伸びておらず、先送り出来ない問題に直面しております。私自身、今まで拡大委員会に所属をしていながら、どこか人任せにしていたところもあり拡大活動が出来ておりませんでした。そこで私は拡大活動を必須と考えるメンバーが少ないのではないかと思い、全メンバーで足利JCの未来を考え、会員拡大することが必要なのではないかと確信しました。私達が足利JCで過ごす40歳までという限られた活動期間は『生涯の仲間』となる“絆”を築くことが出来る貴重な時間であります。そこで多くの方と、より幅の広い活動をする為にも会員拡大活動は重要な担いの一つであり、足利JCの歴史と伝統を紡いでいく為には継続しなければならない活動だと考えております。

そこで本年度は、LOM全体の意識改革を行い全員参加型の会員拡大を実践して参ります。委員会メンバーだけでなく全メンバーで入会対象者のリストアップを行ない、情報を共有し、入会対象者との面談を続けることで継続的に会員拡大活動が行えると考え、その結果がメンバーの拡大に繋がると確信しています。そして、例会及び事業の積極的な呼びかけと、定期的な企業訪問やOB訪問を行い、OB会員・特別会員の先輩方との絆を今一度育み、足を使って入会対象者と会うことで一人でも多くの方に足利JCを知って頂き、入会のきっかけとなるよう取り組みます。

そして何より忘れてはいけないことは入会がゴールではないということです。入会対象者への会員拡大は前提ですが、入会後のアフターフォローも重要です。入会当初すぐにメンバーに馴染めなかった自身の経験を活かし、全メンバーで仮入会員や新入会員の方と率先してコミュニケーションをとり、『楽しいな』、『参加したいな』と感じて頂けるよう取り組んで参ります。この攻めと守りの両方ができてこそ本来の会員拡大と考えます。仲間の協力なしに会員拡大は、成しえませんので、まずは私自身が言葉より行動で示していきたいと思います。当委員会が中心となり、入会対象者とLOMメンバーの絆を創り、拡大運動を通じて足利JC全体で汗を流し、その絆をさらに拡げ深める事業を行いたいと思います。私達が人と人を繋ぐ架け橋となり、一人でも多くの『生涯の仲間』に出逢い、“絆”を創り活動することが、『明るい豊かな社会』の実現に繋がると確信しております。委員長として職務が全う出来るよう、感謝の心を忘れずに邁進して参ります。

笑顔百景委員会 委員長 若田部匡一

委員長基本方針

私は高校卒業から15年、地元を離れ東京で生活をしていました。日本全国から集まった夢を持つ同世代と、毎日刺激を受けながら日々を過ごしていました。東京は新たなものや考えがたくさん生まれています。「それらをまずはアピールし知ってもらい、興味を持った人がそこへ加わり体験や活動をし、また新たな物や考えが生まれています。」このようなサイクルが出来ており、それが活気へと繋がると感じました。作り上げたものを多くの方に発信し、実際に見たり触れたりと体験して頂く事がとても重要だということを学びました。

地元に戻って来た私は、一般社団法人足利青年会議所(以下、足利JCと省略いたします。)の活動に参加し地域のイベント、そして市民や仲間との交流をするにつれ、東京と足利では人口やまちの規模は違えど、魅力あるものがまちに存在していたことを知りました。しかしそれらは、広く市民に、知れ渡っているでしょうか。私は特に子供から同世代の若い方に足利の魅力を知って頂きたいと考えております。自身のまちの魅力を知らないと他のまちへ流出してしまい、足利に根付くことが出来ません。郷土愛を育み、若い世代が足利の事を考え伝えていかなければ、まちに活気が生まれません。

本年度は、平成が終わり新しい時代を迎えます。足利JCも創立60周年を過ぎ新たな一歩を踏み出します。こうした時代の節目を大切にし、60年という歴史の歩みの中で、先輩達から受け継いだ様々な足利の魅力を、そして私達が新たに気付いた魅力を融合し作り上げた事業を展開したいと思います。より多くの方に知って頂き、足を運んでもらい、見たり、触れたり、体験したりと、足利の魅力をより感じて頂きたいと考えております。また、まちと人とがより繋がるように様々な団体と連携することも必要と感じています。多くの方と一緒にまちづくりをすることにより、あらゆる方向から足利を盛り上げていきます。若い世代はもちろん、特に子供達にとって楽しかった思いや経験は、何にも代えられない大切な宝物になります。当委員会の事業を通し宝物を増やし、その先に私もまちの為に何か出来ないだろうか、私も足利を今以上に元気に出来ないだろうかと、考えるきっかけを作りたいと考えています。「足利の魅力を多くの方に知ってもらい、興味を持って頂き、新たなまちづくりをして頂く」こうしたサイクルを作ることで、足利がより活性化できると信じております。

最後に、私は委員会名を「笑顔百景委員会」としました。人々の笑顔には様々な可能性があります。そして、たくさんの希望があります。そんな色々な笑顔が見たい、という思いがこの名前には込められています。当委員会の事業を通して若い世代の市民に足利の魅力を知って頂き、まちをもっと元気にしようと共感し行動する人を一人でも多く作ります。そこからたくさんの考えが生まれ、足利を活性化すること。それが当委員会の努めであります。次世代に想いを紡ぐその先に「明るい豊かな社会」の実現があり、希望に満ちた笑顔百景が見られると確信しています。

事務局 事務局長 岡ノ谷武

委員長基本方針

私は、一般社団法人足利青年会議所(以下、足利JCと省略いたします。)に2016年に入会致しました。入会当初から自分がどのようにJC活動に取り組めばよいか悩んでおりましたが、諸先輩方やLOMメンバーから考え方や取り組む姿勢を聞かせて頂き、自身を見つめ直しJC活動に限らず多くの経験や様々な挑戦をして、活動していきたいと思いました。その中でも創立60周年記念式典において100%例会を達成した時、足利JCメンバー全員が責任と誇りに満ち溢れている姿を見て感動したと同時に、身の引き締る思いを経験した事が、今の足利JCに対しての想いに大きく影響しました。

青年会議所の活動は組織の中で多くの会議を重ね事業を行っていきます。しかし近年会員数が減少傾向にあり、より強い発信力のある活動を行う為には、会員拡大はもちろんの事、メンバー一人ひとりが当事者として選任された役割に対し真摯に向き合い活動を行う事が必要だと思います。また足利JCは、まちづくり団体として「明るい豊かな社会」の実現を理想とし、一人でも多くの市民に事業に触れてもらい、笑顔溢れるまちづくりを目指しています。しかし近年の様々な社会環境の変化により子ども達の心の豊かさが薄れつつあると感じております。子ども達の笑顔はまちの宝であり、その笑顔を絶やさない事こそ、足利JCの担いだと思います。

本年度事務局では、多くの事業に積極的に足を運び、足利JCの「楽しさ」の発信、「成長する姿」を体現し、事業を支える「絶対的な大黒柱」となる責任と情熱をもって活動していきます。また組織の本質を理解し、円滑な運営を率先して進め、思いやりの心を持って一人ひとりの活動を支え、より強い発信力のある事業が行えるように「強固な組織」を構築します。その結果、多くの市民の方が足利JCの事業に触れ、今以上に笑顔が溢れるまちとなり「明るい豊かな社会」が実現されると確信しております。

最後になりますが、昨年JC活動に使った時間や労力は自分にとても有意義な経験でした、仲間や人の為に尽くす気持ちや行動全てが自分の成長に繋がると感じました。本年度1年間の活動をするにあたり仕事や家族を大切にするのはもちろんの事、JC活動を通しメンバー全員が楽しんでJC活動できる様に、全力でサポートして参ります。