一般社団法人足利青年会議所

各委員長所信

希望拡大委員会 委員長 今井良一

委員長基本方針

私は、「一期一会」という言葉を大切にしています。様々な方との出会い、人とのご縁があったからこそ、私は一般社団法人足利青年会議所(以下足利JCと省略致します。)に巡り合えました。足利JCに入会して、多くの大切な仲間と出会い、多くの方と繋がる事が出来ました。「明るい豊かな社会」の実現のもと、永きにわたり諸先輩方が脈々と築き上げてきた歴史と実績のお陰で、今私たちが足利JCとして活動出来ています。

しかし近年、会員減少が著しく、足利JCは会員数において危機的状況にあるといえます。このような状況だからこそメンバーひとり一人が会員減少の課題に危機感を持ち、メンバー同士が密に情報を共有し、同じ目的意識を持ち、会員拡大をする必要があります。希望ある未来の為にも、今私たちが出来ることをひとり一人が考え、「希望にみちたまち」を実現する為に率先してJC運動を行い、次世代に足利JCを遺す事が私たちの使命です。
その為には、より多くの方に対してJC運動をご理解頂く機会を創り、強く対外に発信していきます。そして、私たちが主となり出会いの場を創り出す事により「人と人との仲間の輪」が必ず拡がると信じて実践して参ります。繋がった出会いを大切にし、さらに新たな風となる人材との懸け橋となり、未来のメンバーが足利JCに関わる一度の機会にならぬ様、2017年は一期一会の出会いを大切にしていきます。そして、メンバー同士同じ目的意識を持ち、地域で必要とされる青年会議所の存在意義を対外に発信していきます。

過去があるから、今がある。今があるからこそ未来もある。今私たちが、JC活動が出来ていることに感謝しつつ、「希望にみちたまち」を実現する為、私たち希望拡大委員会は、真摯にJCと向き合い、共に友情を育み、自己研磨し、笑顔で日々のJC運動を行います。私たちが、率先してJC活動やJC運動を行うことで魅力的なLOMとなり、自然と仲間が集まる足利JCにしていきます。

希望拡大委員会では、「会員拡大33%」「継続50名LOM」「100周年を越える足利JC」を目指します。希望を未来に抱き常に前進を続けていきます。一人でも多くの仲間を増やし、メンバー一同団結し邁進して参ります。

今を生き、この機会を常に大切にし、過去に怯えず、未来を恐れず、今出来ることを大切にしていきます。

自他共育推進委員会 委員長 髙畠佑輔

委員長基本方針

私は生まれ育ったまち足利が大好きです。私は今まで様々な場所を旅してきましたが、歴史ある文化や魅力的な催し、そしてそれを盛り上げる地域の人たちがいるこのまち程、魅力に満ちて活気ある所は他にはありませんでした。いつからか「自分が成長し足利に恩返しがしたい、もっともっと発展してほしい」そう考えるようになった私は公務員という職を選び、そして青年経済人の「学び舎」であり古くからのまちづくり団体である一般社団法人足利青年会議所(以下足利JCと省略致します。)の門を叩きました。

足利JCは今も昔もメンバーひとり一人が「真に豊かな足利」の実現のため活動しております。しかし近年はメンバー間の活動への理解の差に悩まされているように感じます。理解の差は、情熱の温度差や事業の方向性への不共有を招く為、足利JCの存続を揺るがしかねません。また、我々足利JCが今後も永続的に精力的に活動をしていく為には、メンバーや家族、OB・特別会員の諸先輩は勿論、地域の方々と一致団結することで足利JCへの理解を深めていただくことも必要不可欠です。

そこで当委員会は本年度、二つの観点から事業を行います。一つは研修です。活動への理解の差を解消するために、足利JCの方向性やまちづくりの醍醐味を知る事業を行います。そしてそれらを知ることで、メンバーひとり一人が意識を向上させ、自己研鑽を行う切っ掛けを得ることを目指します。もう一つは親睦です。家族、OB・特別会員の諸先輩方や地域の方々との繋がりの輪を育くむことを推進する事業を行います。そしてその先に「足利JCがあって良かった」と思っていただくこと、それこそが今後も足利JCが継続して発展していくための鍵となります。

足利JCは、何かを変えたいと思う多くの仲間が集い、日常では経験できないことを自ら学び、自身を成長させる、我々青年経済人の「学び舎」であり、このまちに必要不可欠なものです。当委員会の事業を通し、メンバーひとり一人が自己研鑽をし切磋琢磨しながら成長するとともに、地域・家庭など係わる人達と今以上に密な関係を育んでいくことで、足利JCが青年の「学び舎」として、また地域に欠かせないまちづくり団体としてこれからも輝き続けることを確信しております。そして足利JCが輝き発展することが、私の大好きなまち足利の活性化と発展の一助となることを確信し、一年間邁進していきます。

明快総務委員会 委員長 小峰紀久

委員長基本方針

「明快」とは「筋道が明らかでわかりやすいさま」という意味があります。このたび私はこの明快という言葉を総務委員会に掲げました。私自身は今後一般社団法人足利青年会議所(以下足利JCと省略致します。)の活動で、総務委員会としてできることを自分の中ではっきりとさせていき、足利JCメンバーには今一度足利JCが充実した活動を維持するために、何を考えなければならないかを明快にしていけるようなきっかけになりたいと考えています。

諸先輩方により半世紀以上にわたって受け継がれてきた足利JCは、2018年度に60周年の節目を迎えることになります。昨今足利JC会員数は減少の一途をたどり、運営面や財政面でも活動を継続することが難しくなっていくことが予想されます。そのような時だからこそ、我々足利JCメンバーが今の充実した活動を維持していくために、今一度明快総務委員会で運営、財政に対しての問題に真摯に向き合っていきたいと考えます。そのために入会歴が浅いアカデミーメンバーには、少しでも足利JCの運営、財政をわかりやすく理解してもらえる機会として研修事業を実施していきます。もちろん足利JC会員歴も長く、知識豊富な会員にも改めて足利JCについて見直せるきっかけになると確信しています。

一方私たちの委員会では、運営を司るという大事な役割を担っています。今の現状を踏まえると運営に携わるひとり一人の役割は重くなっていく可能性があります。だからこそ、委員会メンバー全員で協力し合える形を作り、将来に渡って運営を理解したメンバーが意識を共有し合うことによって、効率的な運営をしていくことが必要です。こうした限られた人員配置での組織運営方法も委員会で考えていき、実行していかなければなりません。他方でも現状を踏まえると苦しくなっていくのが財政面です。委員会で財政面に対して意識や興味を持ってもらうような機会を設けることが、将来に向けて足利JC活動を維持するために必要な知識になっていきます。委員会でもその方法を模索検討し、足利JCメンバー全員に共感や理解を得られるように工夫します。

今後も我々運営組織は、足利JC活動になくてはならない中枢としての歴史と伝統を受け継ぎ、足利JC全体がスムーズに活動していけるように丁寧な対応を心掛けサポートしていきます。そして委員会として活動する以上表舞台に立つ明快な立場として存在し、60周年の節目へバトンを引き継ぐため邁進していきます。