一般社団法人足利青年会議所

新着情報

2012年度1月総会並びに新年会

1月17日(火)に大津栄新館にて                                                                        2012年度(社)足利青年会議所1月定時総会並びに新年会が開催されました。

 1月定時総会での理事長挨拶は、緊張の中、時間の無い中で伝えたい事の半分位しか話せませんでしたが・・

『2012年(社)足利青年会議所は、この大きな変革の時代に我々の目標である「明るい豊かな社会」の実現の為に、先ず我々が様々な体験を通じ「学び」、そして成長し、家庭や、企業や、地域に帰った時に発信出来るような学び舎足利JCを確立したいと考えています。多くの方々に発信する為には、メンバー同士はもとより先輩や関係諸団体と本当の「繋がり」を持つ事が必要であります。この厳しい淘汰の時代に、我々は精一杯自身の責任を感じつつ、日々の活動に取り組みたいと思います。また、どんな人でも完璧な人はいません。私も、まだまだ学ばなければなりません。多くのメンバーと共に語り、叱咤激励しあい、更なる成長を現役メンバー全員と行いたいと思います。その為に時間を惜しみません。全メンバーの協力があって(社)足利青年会議所が「未来への道標」となれると思っております。                                          2012年度スローガン 「つながりのある学び舎から未来への道標」この言葉を胸に一年間邁進していきます。                          

また、21年ぶりに足利JCから(公社)日本青年会議所関東地区栃木ブロック協議会 会長に川端 秀明 君を輩出します。日本全国700余りの青年会議所で2012年ブロック長を輩出できるのは47LOMです。足利JCは、この責任を負わなければなりません。「男たるもの、時には自身のプライドと意地を貫きとおさなければならない時がある」この言葉は私の父親が幼少時に言っていた言葉です。川端会長は、優しい人ですのでメンバーに対して強要はしないでしょう。しかし、我々は川端会長の男としての意地とプライドを同じ時代にJCの仲間として貫きとおさせてあげたいと思います。メンバーに対して時に無理なお願いをする事もあるかとは思いますがご協力お願いします。』

長々と書きましたが要約するとこんな感じです。

さて、1月定時総会では、第1号議案から第3号議案まで承認されました。

2011年度國定理事長、小島専務、そして執行部の皆様、激動の2011年本当にお疲れ様でした。                                  私たち2012年度執行部は、2011年度の思いをしっかりと譲り受け活動していきます。

総会終了後の2012年度(社)足利青年会議所新年会は、顧問の足利市長代理松澤様・足利商工会議所会頭早川様・足利市議会議長河内様・足利小中学校PTA連絡協議会会長 武井様に参加頂きました。

また、石井金吾先輩をはじめ本当に多くの先輩方に参加いただきました。多くの先輩との「繋がり」を改めて感じ、多くの先輩の思いを受け継ぎ、「真に豊かな足利」を築く為に現役メンバー一同精一杯頑張ります。

本当に盛大な1月定時総会並びに新年会となりました。                                                             ありがとう御座いました。また、今年1年間、どうぞ宜しくお願い致します。

2012年度(社)足利青年会議所                                                                            第55代理事長 飯島 丈博

※この記事に対してコメントを投稿したい場合は、会員登録を行う必要があります。既に会員になられている方はログインして下さい。

2012 / 01 / 18