各委員長所信

キラリ輝く魅力向上委員会 委員長 中島 真弓

委員長基本方針

私は生まれ育った足利を、そして子どもが育つこれからの足利を、より良い街にするため、多くの出会いから沢山の声を聞き仲間と共に創り上げたく、一般社団法人足利青年会議所(以下「足利JC」と略します。)に入会しました。「明るい豊かな社会」の実現に向け、諸先輩方から紡いできた大切な想いを私たちが引き継ぎ、より良いものへと進化をしながら多くの事業を経ていく中で、メンバーや足利JCの成長へ繋げています。「まち」の一番の魅力は「ひと」であり、足利JCは、これからの時代を担っていく私たちにとっての「学び舎」として素晴らしい団体であり、今後もこの街には必要不可欠であると考えます。

近年では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、人とモノの移動が世界的に停滞し、経済に深刻な打撃を与えました。こうした社会的な変化など人々のライフスタイルが急速に変化している中において、メンバーの人間力の向上が重要となってきます。また、私たちがJC活動をしていく一方で、家族や会社など、陰で支えていてくれている人がいることも事実です。私たちがJC活動に全力で取り組むためには大切な周りの人たちのサポートが必要であり、その人たちの理解が得られていることが、とても重要と考えます。私たちを取り巻く環境が大きく変化する今だからこそ、JCにしかできない成長の機会を通して自己の価値を高め、一人ひとりがJCの価値についてしっかりと自覚をもちより力強く展開し、さらに磨かれた魅力ある組織へと成長する必要があるのではないかと考えます。

そこで本年度、当委員会では、足利JCの魅力をさらに向上させ、JC活動の価値を深め、一人ひとりのさらなる可能性を引き出すための事業を行います。JCは同世代の多業種の集まりです。それぞれの職業観を交換し共有することで、新たな考え方を学び、青年経済人としての見識を深め向上を図ります。そして、メンバー同士の関心を深め合うことで、自己の価値を高めていきます。さらに、私たちの活動を支えてくれている周りの方々にも学びの機会に参加していただき、活動について認識していただくとともに足利JCへの理解を深めることで、メンバーのさらなるJC活動の遂行に繋げていきます。一人ひとりが向上心を持ち続け、自信と強さの溢れる輝く存在となり、周りに係る人たちへ情熱と信頼、共感の輪を広げることで、「明るい豊かな社会」の実現に向け、大きな活力になると確信しております。

私は一人ひとりが真に自立をすることで、真っ暗な夜空にキラリと輝く一番星のように、どんな時にでも輝きを放ち、人を惹きつける存在になってほしい思いを込めて「キラリ輝く魅力向上委員会」としました。そして、自らの可能性を信じて果敢に挑戦し続けることで、自らを輝かせるだけでなく、周りの人をも輝かせる「ひと」となり、市制100周年を迎える足利市に欠かせないまちづくり団体として、これからも輝き続けることを確信しております。

足利愉快活発委員会 委員長 神田 拓也

委員長基本方針

私は足利というまちが大好きです。私は足利で生まれ育ち、37年間足利で生活しています。幼少の頃から、私は足利の様々な場所に行きました。そこでこのまちの歴史や文化、豊かな自然などたくさんの足利の魅力を、肌に感じて育ちました。その頃の足利には、家族で楽しめるイベントや、大きなお祭りが開催されていて、とても賑やかで、人びとは活気に満ち溢れていました。

しかし時代が変わるにつれて足利という「まち」は、少子高齢化が進み、若者たちの郷土愛は薄れ市外へ流出し、活気や人びとの笑顔が失われているように感じます。

このような時だからこそ、新しい視点や手法を考え、取り入れ、広い視野で見つめ直し、まちに活気と笑顔を取り戻す活動をする必要があると考えます。そのために足利JCが他団体との協働する事で地域活性化の潤滑油となり、足利全体で盛り上げ、足利の魅力、郷土愛を再認識するきっかけを作ります。そして、人々が忘れていた「まち」の魅力に気づく事ができ、活気が生まれ、笑顔溢れる、愛着のある「まち」足利になると信じています。

最後になりますが、「足利愉快活発委員会」という名前には、委員会メンバーが楽しく笑顔になり、活発に生活して頂きたいという気持ちが込められています。足利JCが楽しく活発に活動をしていくことで、まちに笑顔を増やすきっかけとなり、そこから郷土愛が生まれ、活気をもたらしていくと信じております。一年間委員会メンバーと共に力いっぱい頑張って参りますので、よろしくお願いいたします。

組織活性事務局 事務局長 大山 祐司

事務局長基本方針

一般社団法人足利青年会議所(以下「足利JC」と省略します。)は、「明るい豊かな社会」を実現するため日々活動を行っている団体です。私たちが今日、足利JCという団体を通して日々活動を行っていけるのは、多くの諸先輩方が長きに渡り活動を継続し、伝統や歴史を築きあげてきてくれたからであると感じます。しかし、2020年においては新型コロナウィルスの感染拡大により、私たちの日常生活に大きな影響をもたらしました。JC活動も例外ではなく、今までの手法が通用しない場面が数多くあったと思いますが、このような時こそピンチをチャンスと捉えて、新たな手法や取り組みに気付くきっかけになります。

2021年度事務局では、例年の作業をしっかりと引き継いだうえで、組織運営、広報活動・情報発信について見つめ直し、新たな手法を取り入れながら活動を行っていき、「新しいJC活動様式」を構築していきます。

まず、組織運営についてですが、足利JC活性化のために委員会やメンバーといった組織全体を支える事務局となるよう心掛け、各委員会、メンバーと連絡を密にし、JC活動がしやすい環境を作っていきます。会議等についてはもちろん直接顔を合わせることも大切ではありますが、オンライン配信なども検討し1人でも多くのメンバーが会議に触れやすい環境を整えます。また、LOMメンバーがいつでも議案等を見れるような仕組みを導入し、事業の目的や背景を詳しく知ってもらい、想いを共有し、会員間の意識統一や相互理解を深め、信頼関係の構築や参加率の向上に繋げていきます。

次に、広報活動・情報発信についてですが、現代では様々な広報・情報発信ツールがあり、その用途や年齢層で使用するものも多岐にわたります。どんなに魅力があり素晴らしいものでも、発信する情報の目的を理解し的確に周知することが出来なければ意味がありません。現在使っているSNS等のツールが適切なのか、加えて発信のタイミングや頻度も見直していきます。足利JCの活動内容や魅力を市民にしっかり伝えるとともに、会員拡大にも繋げていきたいと思います。情報の発信についてはLOMメンバーに対しても同様であると考えます。特に2021年度は宇都宮市で栃木県初の全国大会が行われる予定なので、勉強会を行い全メンバーで参加し、参加する事による益を持ち帰り、今後の日常生活やJC活動に活かしてほしいと思います。

令和になって数年ですが、社会は大きく変化しこれからも変わっていくことと思います。しっかりとアンテナを張り、変化を捉え、事務局としての役割を果たし、次年度にバトンを渡したいと思います。1年間どうぞよろしくお願いいたします。